2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

センチメンタルジャーニー

1 :とむ:02/06/14 13:22
とむはまだ、19だから〜♥

2 :とむ:02/06/14 13:27
まあ突然気でも触れたかと思われるような糞スレですが
何かと言いますと、俺が一人でウジウジセンチメンタルするスレです。
初めて自分で立てちゃったね。以下過去ログです。

途中でばてた前々々スレ
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1009549357/
幻の前々スレ
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1015172431/
五月病丸出しの前スレ
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1018536442/

3 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/06/14 14:18
|д・)<壁に来たんだとむ・・・

4 :とむ:02/06/14 14:24
 「復活」
 トルストイ 新潮文庫

 文豪ですよ!
 と言うわけでかの有名な、名前だけでいくらか威圧感のあるトルストイおじいちゃんの
著作の一つ、復活です。読みました。一ヶ月ぐらい前に。あらすじは、互いにそれと言わないが
愛し合っていた人を、若気の至りで犯しちゃった過去を持つネフリュードフ公爵が、長い
時を経て昔犯したカチューシャが殺人の罪に問われた法廷で、被告と陪審員として再会する
事から始まります。さすがにネフリュードフもいい年してるので、再会した時には過去の愚行に
対する自責の念に駆られ、カチューシャの無罪を勝ち取ろうとし、次第にかつて淑女だった
カチューシャが今では淫売となって淫蕩生活に身を沈めている事も自らの過失が全ての
原因で在る事を悟り、償いとして彼女を愛し自分の全てを捧げて行こう、と言う話ですね。
 古い小説らしくやはり急展開やスペクタクルは何処吹く風、影も形もありはしませんが、
この本にはやられました。献身的に報償するネフリュードフの姿はかなり俺のハートを
鷲掴みです。あくまで己を殺して償う訳ではなく、己自信の自発的感情から動く訳で、
そのために体裁や栄華の破棄も厭わないんです。もうね、ここら辺が俺、お誂え向きで。
ストイックが座右の銘である俺にはネフリュードフの改心し、その度に己を粉にする彼の
性根が読んでて気持ちの良い事。たぶん、ライ麦と並んで俺の人生に置いて重要な位置を
占める本になるでしょう。
 余談ですが、カチューシャ。そうカチューシャ。皆さんもお見知り置きと思いますが、
かちゅーしゃです。かちゅーしゃ作者は聞いてる歌がかちゅーしゃと言う歌だったから
その名を頂戴したのらしいですが、これは関係があるのかは知りまへん。ただ、この本は
日本人に深く親しまれている本らしく「カチューシャかわいや別れの辛さ」と言う
日本語の歌もあるそうで。ひょっとしたらコレが「カチューシャ」と言うタイトルで、
有名な2chツールの名前になったのかも知れません。知りません。

5 :とむ:02/06/14 14:26
>>3
や、まあスレが早々に落ちなきゃ何処でも良いやと。
正直朝起きてPC立ち上げてスレ保守するのは俺にとっては
心身共に良くないんで。ノンビリとやろうかなぁーと言うだけです。

6 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/06/14 14:51
Катюша!

7 :とむ:02/06/14 15:15
 「良くない考え抑制」
 とむ

 さてさて、上述の通り深い感銘を受けた著作「復活」でありますが、一箇所どうしても
飲み込めない部分が出てきたんです。理解は出来るが俺には無理だ、と。

「よくない行いよりもっと悪いものが、全てのよくない
 行いを生み出すよくない考えがあったのである」

と、この一節です。その通りだが、いささか教義として俺には厳しすぎました。こればかりは
どうしても受け入れられなかった。俺は信念をストイックとしてますが、性欲もあり他人に対して
憎しみを持つ事も有り、自慰もするし金を持てば嬉しくなる訳で。まあトルストイがこういった
普遍的な事までもを「よくない考え」と定義したのかは謎ですが、正直この多様化した娯楽塗れの
日本でそういった欲求を全て拭い去るのは、俺には不可能だと思った訳です。まあ自分の環境を
盾に己を正当化するのは卑怯な行為だとも思います。でも、俺には欲求を消し去るのはやはり無理。
俺が思うストイックと言うのは、トルストイの言う「よくない考え」を否定する訳ではなく、
理性でそれらを御する事なんです。自意識の在る人間ならば時には「よくない考え」が自分を
覆い尽くす事もあるだろうと。だからこそそれを消し去る事が出来ないなら、自分で押し静める
事が、重要なんだろうと、色々考えた結果そう至った訳です。これは意外と普遍妥当性を兼ね
備えた考えだと思うんですよ。どんな場面でも使い勝手があると。でも俺の概念自体も、
トルストイまでとは行かないまでも結構厳しいかもしれないっすね。プライドや見得よりも
それを御する理性を良しとする考えだから。例え殴られても我慢しなきゃ。まあ最近本気で
殴られた事無いから本当に自分が我慢できるのかは未知数ですけど。その前に一撃で伸びるかも。

8 :とむ:02/06/14 15:16
 まあ昨今の自分を表す事を至上とするドラマや漫画、歌なんかに感化されてる人には正直
受け入れがたいもんだと思います。まあ俺の場合は自分を抑える事が自己表現の形態に昇華(?)
されればいいんですけどね。ついでに、なんでこんな事を考える様になったのかと言うと、
多分俺はかなりの日和主義なんだと思います。みんなで仲良く牧歌ぼかみたいなノンビリが
一番自分にピッタリな世界だと思うんです。だって世界人類がみんな怒りや憎しみを抑え
られたら、表面的には究極的な世界平和を構築できるんじゃないかと。まあ他人が何を考えてる
のか解らないって言う疑心暗鬼は蔓延すると思いますけど、少なくとも戦争は起きないはずだと。
なかなか素晴らしい良案だと思ってたんですけど、田園交響曲読んでちょっと挫けそうになりました。
ま、その話はまた後日。しかし世界平和のなんだのはブギーポップのアイスクリームの話みたい
ですね。ま、19才のフリーターの考える世界平和だから浅はかこの上ないんですよ。まあ書いて
みたら結構普通の事みたいでしたし。スレタイがセンチメンタルジャーニーだから良いんですけどね。

9 :とむ:02/06/14 15:17
いやー、久しぶりに書いたら
まとまんないこと。ダメだこりゃ。

10 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/06/14 23:49
|д・)<ここ人来ないよ

11 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/06/15 00:00
で、君は壁の住人に、どんなフィードバックを受けたいわけ?

あと、ちゃんとまとめてくれ。じゃないと分かりにくい。

「よくない行いよりもっと悪いものが、全てのよくない
 行いを生み出すよくない考えがあったのである」

↑これ日本語間違ってないか?

12 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/06/15 00:15
>>11
>↑これ日本語間違ってないか?
|д・)<そこは引用でしょ・・・

13 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/06/15 00:45
で、一体どこを縦読みすれば・・・?

14 :レンジャイ:02/06/15 02:01
そうか、ラウンジャなのか。
まだ、読んでないけどちょっと期待してる。
マターリとがんがりなはれ。

15 :とむ:02/06/15 02:57
あ、すんません、フィードバックとかは別に求めないです。
書き込みたい人がいたら拒む気はさらさら無いけど
別にほっといて貰ってもいいです。それに人がいないのも
承知の上。保守がいらなきゃ好都合。基本的に
俺がぼそぼそ自分の事とかを書くつもりで、それ以上は
たぶん待っても出てきません。

16 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/06/15 10:18
>だって世界人類がみんな怒りや憎しみを抑えられたら、
>表面的には究極的な世界平和を構築できるんじゃないかと。
>まあ他人が何を考えてるのか解らないって言う疑心暗鬼は蔓延すると思いますけど、
>少なくとも戦争は起きないはずだと。

積もり積もっていつか爆発しそう
ソレさえ理性で抑えよーってんならストレスで頭禿げそう

17 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/06/15 11:52
フィードバックを求めないなら、こんなところに書いてはいないだろう…

18 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/06/15 12:19
|д・)<とむはホントは寂しがりやなんだよ・・・

19 :11:02/06/15 13:25
>>15
フィードバック求めてないなら、日記帳にでも書きまくるとか…
の方がいいんじゃない?紙に”図”で自分の考えを書いた方が、
まとめることが簡単になると思うけど。

>>16
全員が、最初から、良い顔できるのならば、ストレスなんて発生しないよ。
まぁ、無理な話だけどね。

というか、感情を隠すのは良くないことだと思う。
どちらかといえば、他人の負の感情や、その原因となりうる間違いを
許容することのできる人間を教育する方が、ずっと効果的だと思う。

以上18歳のたわごとでした。

20 :ねぇ、通常の三倍 ◆510/mgfI :02/06/16 12:59
乙カレー

21 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/06/24 01:21
おら書けや。糞ガキが!

22 :レンジャイ:02/06/24 04:59
マターリ逝きましょうや、ダンナ。

で、>>1はもう来ないのか?
いいからおいで。

23 :とむ:02/06/26 04:56
 はい、どうもお久しぶりです。糞ガキはこのスレの事すっかり忘れてたんですが、
残ってたのには感動です。壁は良いね。
 で、まあ解答と言う訳じゃないですが、フィードバックに付きまして。
確かに俺自身、某かの返答等が来るのを望んでここにスレを立てて書き込んだんだと
思います。だからフィードバックいらないって言うのは撤回。ただ、正直俺は現在の
壁について殆ど全くと言って良いほど知りませんので、どういうフィードバックが
来るのか予想も付きません。だからどういう返しでも問いません、という意味で
ああ言う風に書いたんだと思います。たぶん。

24 :とむ:02/06/26 04:57
>>16
 俺はあんまし爆発するとは思わないけど、これは自分の神経が図太いだけかも知れない。
ただ、ストレスで禿るなんて戦争が起きない事の代価としては、大した事態でも無いと
俺は思いよ。自分が平和の一端を担っていると言う自覚は、ちょっとした誇りにも
なりうるかもしれないし。とは言ってもこれは俺の主観で問題点だらけ。
 まあ此処からは俺の話になります、前にも指摘されたんですが俺は非常に猜疑心が
強くてですね、他人を信用するって事がまず無いと思うんです。友達は多く無い程度に
いますが、その中にさえ自分の本音をモロに話せる人間なんて一人もいませんね。享楽
するためだけの友達、と言うと非道いけど、悲しいかな事実は事実。その上俺は生来の
引込み思案で、「あれをやれ」と言われてやるのは得意だが「何かやって」といわれると
途端に手の内が無くなると言う、生粋のメガネボーイでしてね。故に他人にオモチャに
される事もしばしば。いつも結果的にそう言う立ち位置に収まってしまうんです。故に
身に付く自制心。結構な事を言われても、己を抑えて笑顔で流して、場が乱れなければ
これ幸い。まあそう言う立ち位置が嫌いと言う訳でもないんですが、たかが自分ごときの
憂鬱に他人に付き合わせるなんておこがましい、そう思うようになった訳ですいつの間にか。
 で、そんな自分が生きて行きやすい世界が、上に書いた表面的に良い顔の世界、と言う
訳ですな。別に舐めた自分の辛酸を他人にも舐めさせようとか言う心中ではなく、書いた
当時はほんとに真剣に考えた結論な訳で。ただ、前に読んだ「田園交響曲」にそれの
問題点が的確に指摘してありました。

25 :とむ:02/06/26 04:57
 「彼が自分の心に加えた強制それ自体を、今や良いことと見ているのだとしたら、
 困ったものと言わざるをえない。(中略)彼はやがてその強制が万人に加えられることを
 望むようになるだろうからである。」

 はい、その通りです。俺は自分の自制が崇高だの高尚だの、認識を昇華させてたん
ですね。あくまでそれは自分の選んだ一つのやり方であるのに、賢く生きる指針とか
もう思いっきり思い間違ってたんだと。
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1018536442/110-111
これなんてネタ仕立てにしてますが、丸っきりそれですね。
なぜか異様に長くなったんで此処らへんで切りますが、まあ他人を尊重するって言うのは
大変だなぁ、と言う話ですか?

26 :とむ:02/06/26 04:58
>>19
いや、紙に書くってのはいやはや何故か好かんので。元よりペン持って字書くのが大嫌いな
人間でして、字を書いてると自分は本当にコレを右手を酷使してまで書かなければならないのか、
と思考が卑屈になってくる人間なんですね。学校でも黒板を写すのは嫌いだったし。と言うか
殆ど写して無かったけど。

 良くない感情を隠すのは、自分にとっては鬱積の原因になるだろうけど、別にある程度なら
充分許容できるし、する事が大事だと思う。まあ譲れないトコロを攻め立てられたら怒ると言う
事もある程度大事だとは思うが、人間そんなに譲れないトコロは多くないだろう? 下らない
見栄やプライドは排除して、残る譲れないトコロが一つや二つあったとしてもだ、そんなトコロを
ピンポイントで攻め立てられると言う事は、人生に一度あるかないかぐらいの確率だと思う。
だから怒るなんて言う選択肢は念頭から外して置いた方が良いでしょ。
 それに怒るにしても、それを目にした人間に余計な鬱積を作らせる事になると思わない?
前にも書いたが、たかが俺ごときの激情に他人様をつき合わせておつりが来るほど、俺は
大した人間でも無い訳で。付き合わされる方の身を考えると、怒るなんて気も俺の場合萎える。
だから、なのか、それとも俺の引っ込み思案の付加価値なのかは解らないが、俺はマイナス
感情を表面化させる事を嫌う訳です。
 それと、他人の負の感情や、その原因となりうる間違いを許容することのできる人間、
そうなれれば俺も一番だと思うよ。でも、それは俺にとってトルストイの教え並に厳格な
姿勢なのよね。そこまで柔軟な頭してないし、表面化させないだけで我侭な方だから。
嫌いなものは嫌い。だけど、嫌いだからと言って嫌がらせしたりする訳じゃなく、あくまで
頭の中でだけ嫌い。マイナス感情が行動に出ないようにしてる。と。

27 :とむ:02/06/26 04:59
 「人生停滞前線」
 とむ

 まあなんて言うか、最近よく思うんですよね。「俺の人生今停滞してるなぁ」と。深夜に
面白い訳でもないのに惰性で2ch見ながら、ずっと同じ曲をエンドレスしてると特に。
2chも面白い時は面白いし、流してる曲も良い曲だけど、でもずっと同じだから、感覚が
麻痺して来ると言うか、停滞してるなぁと。んで、もういいやと思ってPC切って布団に入る事が
多々。とは言っても前進はしてるんですよ実際は。匍匐程度のスピードかもしれないけど。
まあヒッキーから脱してアルバイトを始めた訳ですよ。飲食店なんですけどね、まあそのバイトの
面白くない事と言ったら、食欲も無くなるほどですよ。深夜も入るんで、なんだか飯食わなく
なって5kg痩せたし。痩せるのって簡単ですね。更にね、脱ヒッキーしてから急激に働き
始めたから、仕事が嫌で嫌で。人間関係も良好とは言い難いし、何より仕事が忙しくて
もう忙殺です。字の通りに心を亡くして殺された様な気分です。まあかなり誇張なんですが。
とりあえず金を貯めて、一人暮らしして、と夢は膨らむんだがまあ諸々費用を計算した結果、
頭金として50万ぐらい欲しい訳ですよ。月に稼ぎが15万だとしても約4ヶ月。んで、俺の物欲と
折り合いを付けながらだから、最低5ヶ月はあそこで働かにゃならん訳ですよ。これは覚悟を決め
ましたもう。孤立しようが足蹴にされようがあそこで50万稼いでやると。んで稼いだらとっとと
辞めてやると。金があればあんなトコロには用は無いんです。しかし今はまだ給料入ってないんで、
俺はどうする事も出来ないんですね。
 金が無いと、人間家を出なくなるもの。それはヒッキー生活6ヶ月間の間に悟ったんですが、
ちょっと金が入ると途端に物欲が芽生えてきて「収入がある」と言う事実だけでこの焦燥感。
物欲が俺の意識を外に持っていって、コンビニで服の雑誌を読んだりするんですよ。ヒッキー
時代は興味も湧かなかったんですけどね。んで、値段見て本棚に戻すんですね。物欲だけが
先行しても、身動き取れないこの現状。ああ、何か欲しいが金が無い。ああ停滞。俺の人生停滞中。

28 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/06/26 07:56
人に迷惑をかけるとか全然考えずに
自分本位で動き回り、それを許容してくれるヤツとだけ
友達付きあいする私は逝ってよしですか?

人生は停滞してるように見えて同じ輪の中を回ってる
なんか他のベクトルが入ってくると別の輪の中に飛ばされるのヨ
しばらくは新しい輪の中で物珍しそうに回ってなさいってこった

なんかそんなよーな人生観
いきあたりばったり

29 :とむ:02/07/04 18:25
逝って良しです。
まあ他人の顔色ぐらい
多少は伺って行こうぜ。

30 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/07/04 22:07
そんななぁ俺じゃねぇ
まぁ多少は気も遣うけどね

31 :とむ:02/07/12 01:34
ああ!

32 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/07/13 04:57
だああ?!

33 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/07/19 23:02
おい、なんか書けよ。無駄に長い文書いておくれよ。

34 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/07/23 21:12
心臓にナイフをさしこむ
吹き出す血潮
人を殺したいわけじゃない
ただ世界で一番綺麗ナ赤ヲミタイダケダ

35 :とむ:02/07/25 11:47
ちょっとタンマ!

36 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/07/25 15:06
はいな?

37 :とむ:02/07/30 15:06
 「最近ね」
 とむ

 クラシックを聞いてるんですよ。クラシック、ラウンジクラシックじゃなくて。クラシック音楽とでも
言うんでしょうか。昔家の親が流行りに乗じて購入した時分のCDプレイヤーで、何を聞こうかの末に
一緒に買った「クラシック名曲集」という12枚セットのCDが家に転がってたんでね、聞いてみたん
ですよ。そしたらね、もう感動しちゃいました。今までは嫌煙してたんですけど一度聞いてみると、
なんだこりゃ。俺はこんなものを見逃し三振? それはもう心打たれる程に。古いと言う事は
何も悪いと言う事じゃないんだなぁと思ってね。まあ聞いてるわけですよ。で、適当に気に入ったのを
12枚の中からピックアップしてMDに突っ込んで、愛車のリトルカブで風になっている時に聞いたり
してるんですがね、響きと言うか透明感と言うかそう言うものが流れる景色に合うんですわこれが。
緩慢なリズムと限り無く早いスピード(と言う名の最高時速50km)が映画のワンシーンを思わせる
セッティングでね。なんだかこのまま死ぬのもいいかなぁ・・・と、ね。
 そういえば、自殺を考えると言うか極限までネガティブになった人間はクラシックを聞き始めたりする
らしいんですが、まあ気持は解らなんでも無いなと。いや自殺する気は毛頭無いですがね、例えば
聞いてる曲がG線上のアリア。こういった曲が自虐性であったり焦燥感を煽ったりする訳じゃ無いん
です。言うなれば劇的、これなんですね。退廃した生活や思想さえも、劇的だと思わせ後押しする
力があると思うんですよ。拒絶の無い許しの音楽と言うか、このまま死ぬ事に一興を見出す事を
させるんです。怖いですね〜。いや俺は怖くないんですんが。とは言え聞いた人が皆死にたくなる
わけじゃ無く、まあ元気が出る人も居れば、自分の人生のエンドロールを想像する人も居る、こういう
ニュートラルな音楽って事ですね。まあ俺なんかは後者なんですが。
 そんな感じで他に聞いてる曲といえば、バッハの小フーガとかパッヘルベルのカノンとか、
ヘンデルのラルゴとかですね。まあぶっちゃけ最近エヴァの映画を久しぶりに見たから感化されてる
だけなんですけどね。イエーイ。

38 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/07/30 20:37
イエーイ

39 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/07/30 20:48
アレもあるよな
人が目ぇつけてないんだけど俺の琴線かき鳴らすようなヤツ


         うぉぉぉぉぉぉぉΣ(゚Д゚||||)!!?


ってなやつ、あるなぁー、うん

40 :とむ:02/08/01 02:43
 「擦り切れていく」
 とむ

 今俺の中で、ある感覚が擦り切れていくのがひしひしと解る。バイトを始めてからと言うもの、
日に日にPCに向かって、大袈裟かも知れないが自分を言葉で表す機会が少なくなって行く。今を
遡る事3ヶ月前までは、毎日どんな些細な事でもよく考え尽くしていた様に思う。それはもちろん
引き篭もり故の時間の持て余しから来た暇潰しだったのかもしれないが、毎日ラウンジに構えた
自スレに向かい何に付いて駄文を捻ろうか、と。今思えばそれを書き綴り拙いながら推敲している
時は、常に焦燥感のあったヒッキー期の中でも、充実していると感じた数少ない時間の一つだった。
そんな時間が徐々にバイトに蝕まれて行き、俺はあの時期いつも考えていた「自分」が持つ考え、
思想、そう言った言葉に表現できる内面に手が届かなくなり、どんどん見失っている。それが今解る。
 これは下らない泣き言だ。ガキっぽくて我侭で何の生産性も無い文句、そしてそう明言して
少し安心する様な男の垂れ流す卑しい自己主張。自堕落かつ無気力な自分の性向が至らせた現実に
対する苦言、天に唾を吐いているようなモノだ。何が悪いとすれば、俺以外には在り得ない。

41 :とむ:02/08/01 02:43
 バイト、バイト、バイト。連日バイト。寝て起きてバイト。一日の短さに気付かされ、時が
流れると言う事を常に意識しながら生活している。今の自分の幸せと言えば、仕事の後のビールと
2chと寝る事だ。はっきり言って、それ以外はあまり興味が湧かない。元来無気力だが、ここまで
無関心になったのは生来始めてである気がする。給料をはたいて買い換えたばかりのCDプレイヤーも、
その存在意義を実行する事はあまり無い(前述のクラシックもバイトへ向かう時ぐらいしか聞かない)。
食欲も乏しい。食事を取る事自体を億劫だとすら感じるようになって来た。性欲も減退している。
まあこれは引き篭もり期からの継続状態だが。色々なモノが変化して、俺の中の多くが無くなって
いった。じゃあその代わりに俺は何を手にしたんだろう? 金。金。なんて下らない人間になって
しまったんだろうか。手にしたものは金。時間や自分や感動の多くを失って、手にしたものは
これっぽっちのお給料。無くした物の代価の少なさや、金が手に入る様になった事が悲しい訳じゃない。
ただ、金が手に入る事が自分の中で一、二を争うほど喜ぶべき事柄になってしまった事が悲しい。
まるで何処にでもあるようなお話の台詞みたいだが、「忙」しく働いて字の如く心を亡くす事が
大人に成るって事だとしたら、ホントに糞喰らえだ。向き合える自分を無くしてまで手にする価値の
ある物なんて無い。自分が無いなら、どんな物にだって価値を見出せるはずが無い。
 一人暮らしと言う目標も、日々の怱忙に正直見失っている。11月で予定貯金額に達して今のバイトを
辞めるまでに、自分が完全に擦り切れないでいられるだろうか。そんな事を思いながらすごく
寂しくなった夜だった。

42 :老猿 ◆2PDturbo :02/08/01 09:59
人間そう簡単には擦り切れちまわないって。
気にしないでがんばりな。

43 :老猿 ◆2PDturbo :02/08/01 12:20
>>42
初めてきたスレでいきなり偉そうだったなぁ...
おっさんのたわごとと聞き流してもらって結構。

44 ::02/08/02 21:07
最近読んだ本の中から…
「金のありがたみを気にしないやつは、ばかか聖人のどっちかだよ。
 もっとも、その点を追求したり議論したりするのは、死ぬほど
 退屈だとも思うがね」

45 :もな〜に ◆.wallerI :02/08/10 13:07
>44 宝タン

前者の方が多い気がシル。。。(・∀・;)

46 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/08/18 04:23
夏はどうよ?

47 :とむ:02/08/26 12:08
ラヴィラヴァ

48 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/08/28 22:22
おい、とむよ。お前舐めてんのか?
明らかに>>47は保守じゃねーかボケ。
「あ、そろそろヤヴァイかも?」とか思って
保守ってんじゃねーよ。

49 :とむ:02/09/05 14:17
いやいや違うんだよ、47は。
まあ実は話せば長くなるんですけど、購入以来糞だと思ってたテクノお笑い芸人、
ボグダン・ラクジンスキーさんのマイラヴィラヴァと言うアルバムを最近引っ張り出して
聴いてみたらデスネ、これ。なんだか妙に嵌ってしまった訳で。おおコレは良いなぁと
2chやりながら一人ニヤニヤ。しかし最近スレに書くこと無いな。怱忙に追われて
悩みも何もかんも忘れちゃったね、いやはやどうしよう。あ、そうだ、まあこのアルバムでも
紹介しとくか。しかしそれじゃあんまりにも芸が無いと言うか、捻りも無くて面白く無いし
なぁ。もっとこう、パンチの効いた目新しい方が俺好みだからね。どうせやるなら
一筋縄では行きたくないんだよなぁ。あ、もうこんな時間だバイト行かなきゃ→バイト中
→帰宅。ああ、しかし今日も忙しかったよビールが美味いね。あーこの至福の一時。
あ、そういえばスレ忘れてた。何か書こ。やっぱり書くこと無いや。しかしやばいなぁ
そろそろスレが落ちちゃうよどうしよっかなぁ。まあでも書くこと無いからしゃーないや。
じゃあとりあえず適当に、・・・・・・・んー、ラヴィラヴァでいいや。ほいラ、ヴィ、ラ、ヴァ、っと。
はいお仕事終了良い夢見れますように。羊が一匹羊が2匹羊がサンビキヒツジガ・・・・・・。

と言う、まあ保守なんだ。

50 :老猿 ◆2PDturbo :02/09/05 22:58
>>49
わかったようなわからんような...
ともあれ、お元気そうで何より。

51 :とむ:02/09/16 20:05
わ〜い。賃金が振り込まれたよ〜。

52 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:02/09/17 19:40
その振り込まれた賃金、俺に投資してみないか?
一ヶ月後には倍にして返してやるぜ!

53 :とむ:02/09/22 12:27
 「死んだ猫と生きる猫」
 とむ

 振り返るに、あれは恐らく一ヶ月ほど前の出来事だったと思う。
 朝焼けには程遠く仄暗い空の中に薄ら建物の輪郭が象られ始めた、恐らく午前4時30分頃。
一人バイクで家路を急ぐ僕は、連日のバイト疲れに周囲や歩道への注意も散漫だった。ちょうど
家まで後二つと言う交差点を通過した直後、僕の眼にはバイクのライトが照らし出す道路の真ん中に
横たわった黒い何かと、急接近する僕及びバイクに驚いて黒い何かの傍らを一目散に飛び離れる
生き物が目に入る。「あ」と思ったのも既に遅く、僕を乗せた総重量50kを越すバイクは横たわった
黒い何かをあっさり轢いて、少し先で停車した。
 僕は別に博愛主義じゃないしペットを格別可愛がる様な人間でもない、飼ってもいない。
でもこの時ばかりは違った。恐らく>>40辺りに見られる僕なりに衰弱した精神と、人気の消え失せた
異質な街並みが、日頃は寝静まった感受性を揺さ振り起こして「コレでもか」と言うほどの罪悪感で
自身を咎めるに至ったんだと思う。
 苦い顔をしてバイクを歩道に止めた僕は、味の悪さを感じながらも妙に落ち着いて黒い何かに
駆け寄った。薄暗闇ではっきり解らなかったが果たしてそれは轢かれた猫の死骸だった。今思えば
この暗さが一番僕を突き動かしたのかもしれない。元々日の目を浴びて何かをする人間じゃないし、
恐らくその軟らかく滑った感触が見て取れる様な臓物も、何の為に通っていたのかも解らない稀に
見る色をした不気味な液体も、全て闇が覆い隠してくれたおかげで僕はただひたすら感傷的だった。
しゃがみ込んで死骸を前すると、最前の轢いた感触が少し脳裏過ぎる。その瞬間このまま放置すると言う
手は最早僕の頭に一片たりとも無かった。ただそれは義務感や思いやり等ではなく、死んでいるとは
言え自分が轢いてしまった事に対するお詫びと罪悪感からだ。僕は立ち上がるとまず死骸の尻尾を
摘みそのまま歩道まで運んだ後、その場を離れて死骸を埋葬できる場所を探して辺りを探し回ったが、
スコップの代わりが無ければ土も無かった。途方に暮れて死骸を置いた場所に戻ると、其処には
僕は死骸を引いた瞬間に飛び退いた猫が、再び死骸に寄り添っていた。そっと僕が近づくと、猫は
すぐに気付いて、また離れて逃げた。僕は考える。

54 :とむ:02/09/22 12:27
 あの猫はこの死んだ猫の親だったんだろうか、子だったんだろうか。それとも恋人? 或いは
連れ立った仲間かもしれない。何にしても、大切な存在だったんだろう。あんなに寄り添うぐらいだ。
でもあの猫が死んでしまった事はもうどうしようも無い事だ。それはきっとあの猫もいつか解るかな。
僕が出来る事は、死んだ猫の為には墓を作って弔って上げること。悲惨で無残な最期。せめて大層じゃ
なくてもお墓ぐらいは。轢いてしまったせめてものお詫びを。罪悪感の置き土産を。それで僕は満足
するかもしれないし、死んだ猫だって成仏できるかもしれない。でも残った猫は? 返事をしなくなった
大切な存在が、見ず知らずの人間にどこかへ連れて行かれて、永久に会えないなんて。そんなの最低。
まるで僕は死神。生者と死者を引き裂く悪魔か。死んだ後の事は僕にも解らない。僕だって死んだ事はない。
解らないのに、なんで僕は墓なんて。死んだ猫はもう終わり。でも残された猫はこれからも生きていく。
だったら、僕が出来る事は――――――。
 結局僕はその後、適当なダンボールを拾って来て、その上に死骸を乗せ相方の猫が二度飛び込んだ
塀の隙間へ置いて帰った。手に少し付いた血が気味悪く、それから「動物霊は憑り付きやすい云々」と
言う世迷言を思い出して少し不安になった。

55 :損権厨房 ◆eUbtZCI. :02/09/27 20:23
エビフライ魚雷発射
    ,.、,、,..,、、.,、,、、..,_       /   <  アンニョンハセヨ
   ;'´∀`、、:、.:、:, :,.: ::`゙:.:゙:`''':,'.´ -‐i   \_________
   '、;: ...: ,:. :.、.:',.: .:: _;.;;..; :..‐'゙  ̄  ̄
    `"゙' ''`゙ `´゙`´´               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,.、,、,..,、、.,、,、、..,_       /    <   ハロー
    ;'・д・、、:、.:、:, :,.: ::`゙:.:゙:`''':,'.´ -‐i    \_________
    '、;: ...: ,:. :.、.:',.: .:: _;.;;..; :..‐'゙  ̄  ̄
     `"゙' ''`゙ `´゙`´´               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ,.、,、,..,、、.,、,、、..,_       /     <  隣のスレからこんにちは
     ;゚д゚`、、:、.:、:, :,.: ::`゙:.:゙:`''':,'.´ -‐i     \_________
     '、;: ...: ,:. :.、.:',.: .:: _;.;;..; :..‐'゙  ̄  ̄
      `"゙' ''`゙ `´゙`´´

28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)